トップページ > 消費者金融の基礎知識 >  消費者金融の審査基準

消費者金融の審査基準

消費者金融はどのような審査基準にて融資をしているのでしょうか。気になる人も多いと思います。
消費者金融は銀行やクレジットカードなどの融資とは違って、担保や保証人を必要とせずに、お金を貸してくれます。
そのため、銀行と、消費者金融の融資をする際のガイドラインは異なっています。 それでは、消費者金融の審査基準を見てみましょう。

消費者金融の借入れ件数

消費者金融で借入れをするとき、最も重要視される審査基準は、実は他社借入れ件数なのです。

ブラックであるかどうかは重要となるのはもちろん、ブラックではないものの、多重債務者であるといった場合では、その借入れ金額よりも他社借入れ件数が重要視されます。

消費者金融で融資を受ける場合は、まず信用情報機関への照会から始まります。
各消費者金融が加盟している個人信用情報機関に、他社への借り入れ状況などについて調査します。

この他社への借り入れ件数が、各消費者金融業者の基準範囲内である場合、多少収入がすくないなどのマイナスポイントがあったとしても、融資が可能となることが多いようです。

このページのトップへ↑

消費者金融利用者の属性

審査基準の他社借入れ件数の次に属性を見ます。
属性とは、過去の顧客データを基にして、利用者に一番近いモデルを探し出すことをいいます。そのデータを基礎として申込者の利用限度額などを決めます。

同じような境遇の過去の利用者から、現在申し込みを行った人の今後を予測するということなのですが、中には、その属性モデルの素行が悪かった場合には断られることもあるので、侮れません。

属性をみる他にも、勤続年数が3ヶ月未満である、居住確認や在宅確認が取れない場合や、職業が消費者金融会社の社内規定でNGとなってる、自宅電話や携帯電話が料金未納で止められているなど、審査基準は多岐に渡ります。

審査基準の甘い消費者金融も中にはありますが、こうした情報を知らないと、何件も問い合わせし、申し込みブラックとなるという悪循環になることもあるので、借入れをする場合には、下調べをある程度したほうが良いようです。

このページのトップへ↑